VRoid

なんのこっちゃと言いますと、アプリです。
スマホの。

アバターという自分で作成する人形を使って、写真を撮ることができます。
先日テレビで放送されたサマーウォーズのOZの舞台で写真が撮れる事で話題になりました。

というか、それでわたしは知りましたw


このVRoid、わたしの操作スキルもあってか、狙い通りの構図にするのがなかなか苦戦します。
こういう操作が下手なのは、機械音痴と呼んでいいのだろうかね?

VRoidマスターへの道のりが果てしなく感じましたw




fullsizeoutput_1946.jpeg
なんとか仕上げた具体例としては、こんな感じ。
花札!でございます( ・∇・)

あとは、、援助w
fullsizeoutput_1947.jpeg


アバター作成の段階から、顔つき・服装・背丈・髪型と色々こだわることができますし、舞台に移動して写真撮る時もポージングやら構図やらと様々な実験ができます。

なんなら、現実世界での撮影にも活かせる気もする。
撮影スキル向上に繋がる気がしないでもない。


やり始めたらキリがないアプリになりますが、オススメです
( ´ ▽ ` )